テーマ:サッカー

岡田監督、腹をくくれ

インテルの腹のくくり方 UEFAチャンピオンズリーグの決勝を見ました。 インテルは、バイエルン・ミュンヘンに圧倒的にボールを持たれたにもかかわらず、2対0で勝利。モウリーニョは腹のすわった戦い方のできる監督なんですね。ボールを持たせても(支配されてなければ)いい、そう考えていたのですね。 マークすべきはロッベンのみ。ロッベンがボー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さあ日本もワールドカップだ

代表23人についての感想 昨日、ワールドカップの日本代表が発表されました。 「この選手はいらなかったのではないか」とか「なんで、彼が入っていないのか」といった、感想があちこちで出ています。私も、感想は多々あります。 しかし、これまで日本代表に招集されたメンバーについて、そしてそれらのメンバーの組み合わせと戦い方について、もっとも深…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Jリーグの注目って?

中村俊は注目に値するか? 三月十三日は、Jリーグ第二節。どこのスポーツニュースも、なんと中立を謳って、公正のはずの「みなさまの」某公共放送まで、「シュンスケ」「シュンスケ」のオンパレードでした。 ま、七年八ヶ月ぶりのJ復帰だから、それなりに注目するべきなんでしょうが、そこまでやるか。 それに、華々しくビッグクラブのレギュラーはって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本代表 ガーナ戦に向けて

中村は本田を言い訳に使っているのか 今日はガーナ戦です。オランダに負けたあと、ずーっと話題になっているのは、前田が生意気で守備をしないで中村俊にたてついていてチームの和を乱しているということ。 さて、本当にそうなのでしょうか。 仮にそうだとしたら、サッカーの日本代表というのは、とてつもないガキの集団なのですね。たかだか、フリーキッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絶対に勝たなければならない?カタール戦

カタール戦の前にちょっとラグビー 16日の日曜日、ラグビーの日本対アメリカのゲームを見ました(もちろんテレビで)。久々に気迫あふれるゲームをしてくれたと思います。 とくに、菊谷や遠藤などトヨタの選手のタックル、動きがすばらしかった。ホラニ君のシンビンになったタックルだって、さほど危険とは思いませんでした。点差が開いてなければ、せいぜ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

五輪男子サッカーの「魂」はどこに?

オーバーエージにはカズ(三浦知良)とゴン(中山雅史)だ。もう一人なら、ヨシカツを入れる。冗談ヌキにそう思っていた。 なぜか。北京大会の男子サッカー代表チームからは、どうしても覇気というか熱気が感じられなかったからだ。 「根性」でも「ガッツ」でもない。ただただ「闘う」という意志が伝わってこなかったからだ。女子サッカーが初戦で敗れた日。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シュートミスはGKにも責任があるのか?

いいよな、ミスしても頭抱えるだけで済むなんて オリンピックの男子サッカー第一戦を見ました。なんだったのですか、あの森重のミスは。「体ごと行けばよかったのだけど…」だって。要するに、いっつも小手先(足先)でやってるから、本番の真剣勝負であんな反吐が出るほどひどいことをするわけですね。 で、その後は頭抱えてピッチをたたいて、試合後に「後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サッカー日本代表 弱点はやっぱりベンチ!

ハーフタイムにアナウンサーがよけいなことを言うので、不安になってしまいました。 「今大会、ここまで先制した国がすべて勝っています。」だから日本も…なのか、だけど日本は大丈夫?なのか。 後半、どういうカードを切るかでベンチの考えがわかると思った。だけど、選手交代はなかった。ま、オーストラリアのというかヒディンクの出方を見てからというこ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ワールドカップのジャッジについて

さて、ワールドカップは2日目が終了。5試合を見た限りでの、この大会のジャッジの特徴がわかってきました。 それは、「流す」ことがあまりないこと。わりとピッピッとホイッスルが鳴りますなぁという印象。まあ、日本製のホイッスルの優秀性を、各レフェリーが確かめているのかもしれませんが。 ただ、とくにイングランド対パラグアイ戦は、流れがブツブツ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワールドカップ00/代表選手の呼び方

さて、いよいよ始まりました。FIFAワールドカップ2006TM(こう書かないといけないんだって。めんどくさいけど)。 開幕ゲームの感想は、この後「01」で書くので、ひとまずお預け。いま気になっているのは、もう数ヶ月前から話題になっているグループFの分析。さまざまな解説者やらお笑いタレントやらアイドルやらが登場。「こんなんであと半年もつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サッカーW杯日本代表新監督の決断

さて、次のニュース。昨日のスコットランド戦に引き分け、キリンカップ最下位に終わった責任を取って代表監督を辞任したアルトゥール・アントネス・コインブラ氏に代わり、急遽、代表監督に就任したシュガー「ジーコを止めた男」ション監督が、先ほど記者会見を開きました。 「たいへん名誉なことであると同時に、きわめて重い責任を感じている。準備期間は短い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サッカー日本代表(監督)の迷走

サッカー日本代表の国内最終戦まで、あと2時間弱。 ここにきて、いったいなんて事だ! アルトゥール・アントネス・コインブラさんなら、聞いたとたんに右手を前方へ大きく振り上げる「抗議」のポーズをしてるところである。 監督、あなたは火曜日には3バックで行くっつっといて、金曜日には「やっぱ4バックにするわ」だって? そこらへんの若造なら「マ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三都主はサイドバックかウイングバックか?

えー先週に続いてサッカー日本代表エクアドル戦について。 三都主(サントス)のデキがすごく良かったと、あちこちで大評判。たしかに、何度も素晴らしいクロスを入れて、決勝点もアシスト。それだけ見れば、確かに「良いデキ」「パーフェクト」。 でも、ホントにそう? その検証をする前に、3-5-2の5の両サイドに張っているウイングバックと、4-4…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

犬のCMの前に「なんじゃエクアドル戦!」

さて、しばらくお休みしていましたが、ついに出ました。 『Wanwan Movie101 犬の映画101』。もう書店に並んでいます。 「ペット」の棚ではなく、「芸術」か「映画」の棚に並んでいます。あるいは、この本は実用書ではなく「エッセイ」なので、そちらの棚に置いてあるかもしれません。 そうそう、ジュリアン出版さんのお話では、レンタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラグビー日本代表選手の不祥事と処分の甘さ

たった十日間の間に、ラグビー日本代表選手が二人も、暴行事件で逮捕。こういうときによく聞かれる言葉が「スポーツ選手にあるまじき行為」とか「スポーツ選手としてしてはならないこと」というコメントです。 ちょっと待ってね。往来でもめ事を起こして、人を殴ったり蹴ったりするなんて、スポーツ選手に限らず「人としてあってはならないことでしょう」。その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジーコ監督、反省してください

案の定というか、必然的というか、負けてしまいました。イラン戦。私は残念でなりません。悔しくてなりません。そして、頭に来ています。 うまくやっていれば勝ち点4でグループ首位で迎えられた今日のゲーム。せっぱ詰まった状態でキックオフを待つことになりました。 では、前の試合の総括から。 第一に、川渕日本サッカー協会会長(私はあくまで「キャ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジーコ監督の責任とは?

今日の夜、イラン対日本のゲームが行われます。グループ最大のライバルが相手ということで、監督はクラブの強硬な抗議を押し切って、小野を招集しました。海外組として(個人的にはこの呼び方が嫌いです。勝ち組・負け組みたいなステロタイプな分け方に何深いか意味があるのなら別ですが、とりあえずこの問題については別の機会に)高原、中村、稲本、中田浩、さら…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

サッカーのGKとラグビーのフルバック

昨日のラグビー、マイクロソフトカップを観戦。ちょっと気になったことがひとつ。故障などでメンバーが足りないとはいえ、神戸製鋼がフルバック(FB)にもともとナンバー8の斎藤を入れたこと。 ヨーロッパの古ーいことわざに「門番は門番にしかできない」というのがあります。城郭都市の門には門番がいて、常に見張っていなければなりませんでした。とはいえ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴールキーパーの生活と意見1

これからまじめに書くと言っておきながら、さぼっていました。ぼちぼちまじめにやるようにします。 さて、サッカーのゴールキーパーというポジションについては、川口能活選手の登場以来、みなさん詳しくなっているようです。レギュラーが決まると、よほどのことがない限り交代がないので、控えはずっと控え。一回のミスが命取りのきついポジション。最後尾なの…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ゴールキーパー復権! 小島と川口

ここのところ犬の話ばかりが続きました。今日は、久々にサッカーの話を。 昨日の朝日新聞「ひと」に、ザスパ草津のゴールキーパー、小島伸幸選手兼任コーチが出ていました。来季、Jリーグ・ディビジョン2に復帰。実に4年ぶりのJリーグです。しかも、おそらく最年長の選手となるはずです。平塚から福岡、そして草津。寿命が長いゴールキーパーとはいえ、最近…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more