下北半島のんめぇもん、食べてみて

えー、3月末~4月初めにかけてのシェットランド旅行記を載せる、と宣言しておきながら、ちょっと滞っております。申し訳ないことです。 で、今日から始めるのかというと、すみません、訳あって大型連休中に行った故郷・下北半島のことを先にちょっと……。 ただ、シェットランド諸島と下北半島、実はつながりがあるんです。 まず、気候。ケッペン気候区…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

また、シェットランドに行ってきた!

2011年の秋、その年の6月に永眠したシェットランド・シープドッグのロビン君の故郷(正確には祖先の地)、シェットランドを訪ねました。2泊3日でしたが、はじめて行くところでもあり、必ずしも行きたい、見たい、したい、が実現できたわけではありませんでした。 何せ、メジャーではないだけでなく、一般的な旅行先・観光地というわけではないので、ガイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シェットランドのおいしいもの

3月末から約1週間、イギリスに行ってきました。 そのうち4日間はシェットランドに滞在。といっても、シェットランドを知らない方もいるでしょうから、簡単に説明。 イギリス本土(ブリテン島)から北へ約160㎞、ロンドンからだと約950㎞の北海に浮かぶ諸島です。中心となるメインランドの南部を北緯60°線が通っていて、ヨーロッパでいえばノルウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もうすぐパラリンピックだっていうのに…

プーチンの頭にはオリンピックだけ? 先週末にソチ冬季オリンピックが終わりました。続いてパラリンピックが開かれます。ところがっ! 終わったとたんに、というか閉幕を待っていたかのように、ウクライナでロシア軍の動きが活発化しています。ウクライナの野党が、政権を奪還したせいだそうです。野党は、親ユーロで、それによってウクライナ東部のクリミア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オリンピック組織委員会会長どのへ

ブーイングは当然のこと 昨日の東京マラソンに、2020年東京オリンピック・パラリンピック組織委員会会長どのが出席。いつもは中身のないことをダラダラと話すかの御仁が、30秒であいさつを切り上げたとか。たぶん、2~3分ほどの長いスピーチをしていたら、サービス精神旺盛な方なので、「ランナーのみなさん、フィギュアの選手のように転んだりしないよ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

静かに野球を観る日

吉川晃司の『イマジン』 今年の8月6日、マツダスタジアムのカープ対タイガースのゲームは「ピースナイター」。Jsportsで見ました。 被爆二世の吉川晃司が、背番号8・6のユニホームで始球式。さすが、元高校水球代表。スピードのあるボールを投げました。 5回のあとのインターバルには、『イマジン』を歌ってくれました。あの歌い方って、なん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

統一球変更の陰にあるもの

コミッショナーの「不祥事とは思っていない」の「は」 ばれた日のNPBの対応、事務局長の話をテレビで見たり新聞で読んだりして、何かひとつ引っかかるものを感じました。さらに、翌12日午後8時(ゲーム中ですよ!)からの記者会見での加藤コミッショナーの記者会見も見たり聞いたり読んだりするごとに、「?????」が増していきました。 つまり、言…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DJポリスと群衆に違和感

機動隊と言えば… いまは昔。沖縄の米軍基地に対する抗議行動(デモのことです)に参加しました。 集会が行われた公園からデモの列が道路に出ると、道路には機動隊の列。バイザーの付いたヘルメット、右手に警棒、左手にジュラルミンの盾。頑丈そうなブーツ。 そのそばをデモ隊が通ると、いきなり機動隊の列が、盾で押してきます。デモ隊は対決を組んでい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平泉と宮城を訪ねて5

仙台一番町の夜 3月10日の夜は仙台市内泊。ホテルに荷物を置いてから、仙台一、というより東北一の繁華街、一番町界隈に出かけました。 日曜の夜だからなのか、雪まじりの強風のせいなのか、夜7時なのに人通りはまばら。若い人たちが、追悼のイベントをやっていたほかは、静かでした。ひとつ裏通りの飲み屋街はそれなりに人が入っていましたが、子供のこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平泉と宮城を訪ねて4

観光地・松島の復興 3月10日午後、気仙沼からは国道45号線を南下。左側には太平洋が見えます。 風は強いけれど、天気は晴れ。車から見る限りは、陽の光を反射している海はのどかです。 でも、やはり、海沿いは線路なし、駅のホームのみ、トンネルと家の基礎部分のみ。 いっぽうで道の右側、山側は地震の跡はあるものの、これといった震災の痕跡は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平泉と宮城を訪ねて3

3月10日続き 気仙沼の叔父の家から国道45号線を南下。海岸沿いにあるのは、基礎部分だったり、仮設の建物だったり。線路はなく、駅の跡。 国道を挟んで右側、つまり山側はとくに津波の被害はありません。低い土地では多少の被害はあったのでしょうが、「被災地」といった雰囲気はありませんでした。 ただ、広い敷地、というか空地は、がれき置き場に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平泉、宮城を訪ねて2

さて、日をおかずに、ブログの続きです。よっえらい! 勤勉! と、自分でほめてどうする。いままでが怠惰だったくせに。 閑話休題 気仙沼市内で 3月10日、平泉の宿を9時過ぎに出発。国道4号線を南下して、一関で国道284号を右折。ひたすら気仙沼市を目指します。距離にして約60㎞。 一関から、フジテレビの中継車両2台の後ろに付きました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平泉と宮城を訪ねて1

3月9日から11日、岩手県の平泉、宮城県の気仙沼と岩沼に行きました。 平泉は仕事半分、遊び半分といった感じですが、やはり東北地方でなんらかの消費をすることで、少しでも経済の活性化に貢献したいという気持ちもありました。 宮城県の二つの町は、それとはまったく別。実は、どちらにも私の親戚が住んでいます。2011.3.11の直後、ネットやツ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レスリングはオリンピックにふさわしくないのか?

レスリングと他の6競技を同列に扱っていいの? IOCの理事会で、2020年のオリンピックの競技種目が決められ、これまで行われてきたレスリングが、他の6つの競技とともに最後の1競技の候補にされてしまいました。 で、他の6つというのが、野球・ソフトボール、空手、ウェークボード、スカッシュ、スポーツクライミング、ローラースポーツなんだそう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スポーツと「暴力」

スポーツに「暴力」はありえない 大阪の高校に始まった、「体罰」という名前の「暴力」沙汰は、ほかの高校にひろまっだけでなく、ついに、ワールドクラスの、しかも代表レベルにまではびこっていることが明らかになりました。 スポーツ・ジャーナリストの玉木氏は、スポーツは「暴力的な営みを、ルール化することで非暴力化したゲームである」と言っています…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

総選挙の争点 その2

景気対策、経済成長なんてカス! さて、争点その1の原発問題を書いてから時間がたってしまいました。明日は、もう投票日です。 私なりの争点を出しておかないと、投票できない。というか、投票の方針が決まりません。 というわけで、もう一つの争点は「雇用」です! 力が入ってしまいましたが、これはもう切実にそう思うからです。 各党は「景気浮…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

総選挙の争点その1…脱原発

衆議院議員選挙の争点の第一は原発さて、衆議院議員選挙が始まりました。 たくさんの政党があるために、どれを選べばいいのか。そのために、各党の政策や公約やマニフェストやアジェンダを見比べる記事がたくさん出ています。 でも、今回の選挙の最大の争点は、私はたったの二つだと思っています。 その一つは、原発です。 「脱原発」か「再稼働と新設…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大飯原発の地元と消費地

立地自治体と消費自治体 大飯原発の再稼働を大飯町議会が容認したそうです。 たしかに、町議のひとりがいう「立地自治体の都合が優先。消費自治体に何の権利がある」という言い分もわからないではありません。 かつて自民党政府・財界から「原子力センター」と位置付けられた東北のはずれの秘境で生まれた私としては、さんざん危ないもの汚れ物を押しつけ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

夏の高校野球、やめれば?

関西の夏は電力不足だって 関西電力によると、今年の夏、ピーク時の電力が不足するんだそうだ。で、なんとか大飯原発を再稼働させたいと言っているわけです。 でも、福島の事故の検証も済んでいません、というか政府も東電も原子力関連の企業も、ろくにやっていません。今後の事故対策や対処の方針も、賠償の方法(福島だけでなく、他のところで事故が起きた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全力疾走が常に「是」ではないことを教えてくれたパーフェクトゲーム

4月22日のメジャーリーグ、マリナーズ対ホワイトソックス。感動しました。 もちろん、ハンバーのパーフェクト・ゲーム達成もあるのですが、何よりマリナーズの最終バッターのブレンダン・ライアンに、です。 川崎の代打として出てきたライアン。1球目は見逃してボール。2球目は見逃してストライク。3球目はインコースを空振り。で4球目と5球目はボー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more