この夏はサマーカット

去年の夏、膿皮症になったすばる君
7月は梅雨が長引きましたが、明けたとたんに猛烈な暑さになりました。
昨年のこの時期、すばる君はお腹から内股にかけて赤いポツポツが出始めていました。処方された塗り薬をつけていたのですが、やがて赤い部分が大きくなって、9月半ばからは腰や背中、シッポまで広がりました。
診断は「膿皮症」。抗生物質や塗り薬を使いましたが、いっこうに良くならず。ついに10月に丸刈りを決行。DSC_0007.JPG
獣医さんからは「うつることはない」と言われたので、アニマルセラピーのボランティアには行きました。ただし、ハゲチョロケなので、Tシャツを着せました。それがかえって「かわいい!」と評判になりましたけど……。
さて、なかなか治らなかった膿皮症ですが、その後の治療によって4月には完治。その経緯については次回、改めて詳しく紹介します。
この夏は、サマーカット
昨年の反省もあって、今年は7月中旬にサマーカットを敢行。その写真が、これ。
まず、ビフォーDSCN0896B.jpg
そしてアフターはこれP7242465C.jpg
皮膚の状態を毎日のブラッシングで簡単にチェックできるし、何より、すばる君が涼しそう。そして、ボランティア活動に行ったら、「子犬みたい。かわいい~」とこれまた大好評。
そして、週一のシャンプー&ドライがとても楽です。11月ごろには元の長さ(ビフォーぐらい)に戻ると思います。
夏の長毛種の暑さ対策。皆さんもいかがですか?

この記事へのコメント