すばる君の散歩事情

我が家に来て五か月!
すばる君が我が家に来て、五か月がたちました。
画像画像体重はついに9・5㎏。来たときから5㎏以上も増えました。お気に入りの羽毛クッションに寝ている姿を比較してみてください。どのくらい大きくなったか、はっきりわかります。ブリーダーさんのお話では、両親の体格からみて、10㎏弱ぐらいの大きさになりそうということでした。つまり、もうそろそろ成長のカーブは緩くなる頃なのかもしれません。
8月から、ご飯の食べ方が遅くなり、8月後半には、ほとんど食べないという日もありました。
獣医さんに相談したら、「おやつは食べているし、体重もお腹の具合も問題なし。無理に食べさせなくても、お腹がすいたら食べるようになりますよ」ということでした。
そういえば、先代のロビン君のときは、ゆでたササミや牛肉を乗っけたり、パンやヨーグルトをあげたり、おやつをたくさん食べさせたり、あれこれとフードを変えたり。その結果、ちょっとわがままになってしまい、すこし太り気味になってしまったことがありました。
というわけで、食べなければ適当な時間に片づける。おやつは増やさない。そうしていても、体重は減らず、少しずつ成長していきました。
8月末になって、朝晩は少し涼しくなったこともあるのか、この1週間はけっこうパクパク食べて、ほとんど完食!
そうそう、この夏はスイカをもらって大喜び。私達が食べていると、すっ飛んできておねだりしています。夏が終わると、スイカの季節も終わり。すばる君の次なる好物はなんになるのでしょうか。
すばる君の散歩について
日の出が早いのもあって、すばる君はほぼ5時きっかりに起きます。雨でない限りは、5時10~15分には散歩に出発。
画像近所にある4つの公園をすべて回って、約40~50分のコースを歩きます。
公園で、すばる君が必ずやるのがダッシュッ! それも、直径10mほどのグルグルまわりだけではありません。ひとつは、ジグザグに10メートルほど走って、急激なターン。これを繰り返します。
二つ目は、ジグザグのダッシュから、クルッと向きを変えて伏せ。そこから頭を下げて数歩歩き、またジグザグのダッシュ。ときには、伏せた状態からいきなり1メートルも横へ飛ぶこともあります。そうです、ボーダーコリーが羊を追い集める時のあのダッシュです。
三つ目は、落ちている小枝を口にくわえて、尻尾をピンとあげて得意そうにタッタッと走るダッシュ。これは、ロビン君もよくやっていたので、もしかしたらシェルティ独特の遊びなのかもしれません。
さて、散歩の途中、ほかの犬ともよく会います。すばる君はかなりフレンドリーで、相手が受け入れてくれるなら、だれとでも仲良くできています。体が大きくなるにつれて、ワンプロで遊んでくれる子も何頭かいます。
それから、散歩をしている人、公園で体操している人にもフレンドリー。みなさんに撫でられて、お礼に手や腕をペロペロしています。
とにかく、散歩とその間に会う犬や人が大好きなすばる君。
これから、日の出の時間が少しずつ遅くなります。起きる時間と、スタートの時間、それに合わせて後ろにずらせていかなくては……そうしてくれるかなぁ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック