すばる君の登録終了

さて、我が家に来て10日がたったすばる君。先週末には、市役所で登録を済ませてきました。
そして、この前の日曜日には、近くの動物病院で初診察。
ワクチンの関係でまだ歩かせられないので、ハーネスを付けて犬用トートバッグに入れ、出発。
画像
動物病院は歩いて5分ほどのところ。
途中、駅前を通ると高架を電車が通過。でも、とくに怖がりもせずに落ち着いたものです。
病院では、まず診察券を作るための書類記入。
先生に「お名前は?」と聞かれて、「すばるです」。「えーっと、飼い主さんの…」あっ「○○です」という、お決まりのやり取り。
そういえば、先代ロビン君のときも、おんなじだったことを思い出しました。
体重は4・7キロ。歯を調べたり、心音を聞いてもらって、「問題なし。もうすぐ歯替わりだからかゆくてしかたがないでしょう」と言われました。
そのあと、肛門腺しぼり。っこう溜まっていたようです。
そして、すばる君は牡なので、睾丸のチェック。「おーっ、少しずつおりかけてる」と先生。
最後は、爪切りと足回りの毛のカット。
全体で20分ほどでしたが、すばる君は静かにおとなしくしていました。
2か月足らずだったロビン君に対して、4か月近くのすばる君なので、単純比較はできないけれど、ずいぶん落ち着いた性格の仔犬だと思います。
画像
帰りも、駅前の人だかりや、植物園の入場待ちの人の列、近所の公園内を歩いた時の子どもの声等々、ほとんど気にすることなく落ち着いて見ていました。
家に帰ると、水を飲んでおしっこをして、くつろぎ。
我が家に来たその日から、自分の落ち着く場所を見つけてリラックスしている、すばる君。
この、とてもよい性格を、ちゃんと伸ばしていこうと思います。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック