シェットランドのおいしいもの

3月末から約1週間、イギリスに行ってきました。
そのうち4日間はシェットランドに滞在。といっても、シェットランドを知らない方もいるでしょうから、簡単に説明。
イギリス本土(ブリテン島)から北へ約160㎞、ロンドンからだと約950㎞の北海に浮かぶ諸島です。中心となるメインランドの南部を北緯60°線が通っていて、ヨーロッパでいえばノルウェーのオスロ、極東地域でいうとカムチャツカ半島の北部(つけね)、アメリカ合衆国ならアラスカ州南部が、ほぼ同位置。
ただ、メキシコ湾流の影響で、極端に寒いということはありません。
アン・クリーヴスのシェットランド四重奏シリーズ、S・J・ボルトンの『三つの秘文字』(いずれも創元推理文庫)の舞台にもなっています。
2年半前にも行ったのですが、そのときは2泊3日で、中心都市ラーウィックとその周辺しか廻れませんでした。
今回は、フェリーに乗って、諸島の北端などの島へ渡りました。
その話や写真は次の機会にして(撮影した膨大な写真の整理をしてないので)、まずは土産物の話を。画像
その名も「Puffin Poo」。Puffinとは日本名でツノメドリ。初夏になるとシェットランドにやってくる渡り鳥です。で、「Poo」というのは、直訳すると「小さいもの」なんていうのですが……。ま、意訳は置いといて。昨夜、ウイスキーのつまみに食べてみたのですが、あ゛ぁぁぁぁぁ、うまい。
クリスピーライス、ココナッツ、バターなどがまぜこぜになったものを、ベルジアンホワイトチョコレートでくるんであるんだそうです。いや、たまらなくうまい。
で、もうひとつ、「CHOCOLATE TRUFFLE FUDGE」のCOINTREAU。こっちは、ソリッドなチョコレートで、これがまたウイスキーにジャストフィット!
どっちも、ラーウィックにあるTHE SHETLAND FUDGE COMPANYというところで買いました。
ホームページ
http://www.shetlandfudge.co.uk/other_list.html
を見ると、ここではすべて手作り。
ほかに、シェットランドウールで作ったテディベア、シェットランドポニーのぬいぐるみなんかも作っているそうです。
通販もしているので、興味のある方は、見てみてください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック