君たちを一人で歩かせない in味スタ

3月27日の味の素スタジアムで
味の素スタジアムで、FC東京と横河武蔵野の練習試合がありました。チャリティゲームだということで、私も行きました。無料ですが、ゲート前で義援金を集めていました。もちろん、通常のゲームのチケット代相当を寄付。
私も東北地方の出身です。三陸から八戸・三沢にいたる南部地方の近くです。テレビで被災した方たちの話す南部弁を聞いていると、言いようのない辛さを感じます。
青森に帰るときの距離の遠さ(片道750㎞)を思い、そこに行って何もできないけれど、せめてもの支援でした。
そして、試合前、いつものように流れたのは、サポーターの歌“You'll never walk alone”
歌っているうちに、涙が出てきました。
「嵐の中でも、顔を上げていこう。やがてヒバリの歌声が響き渡る美しい空が見えてくるはず。風の中を、雨の中を歩き続けよう。希望を胸に抱いて。君たちはけっして一人じゃない。一人で歩いているんじゃない。歩き続けよう」
スタジアムで聞いたなかで、最も心に響く歌でした。サポーターのみなさん、ありがとう。味スタに避難してきている人たちにも、きっと届いたことでしょう。
スタジアムの外で
味スタに向かうために、うちのそばの駅(京王相模原線)のホームに上がると、カートに水や紙おむつを積んで運ぶ若者がいました。調布の駅では、いつものサポーターとともに、さまざまな物を抱えた人たちがいました。
足スタの避難所にはボランティアのセンターがあります。
そこから発信されている、必要とされている物をもっていく人たちです。若者が運んでいた水のケースは少々埃をかぶっていました。買いだめをした水ではなく、自分が非常用に用意していた物なのかもしれません。もう少ししたら、彼等のがんばりのおかげで、晴れた空が見えてくるだろうと思いました。
そういえば、同じ日に中畑清氏や西田敏行氏などの方々も炊き出しをしていたとのこと。
私も、私にできる支援の要請が発信されたら、ぜひ協力しようと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック