いよいよだ! 日本代表よ 前へ!

あと12時間でキックオフ、行け私たちの代表
さて、とうとうやってきました。第一戦のキックオフまで、あと12時間。
予想される岡田監督の布陣に対して、いまだにかまびすしい口出しがやみません。いわゆる専門家の方たちでは、大きく二つに分かれます。
ひとつは「こういう戦い方であろう」という分析をして、その結果として「こういう動きや崩しの効果がある」と、冷静に解説してくれる人。
もうひとつは、「なんでこんなこと」と、否定まではいかなくとも批判、疑問の声を挙げる人たちです。
で、どっちの肩を持つかというと、私は前者。なぜって、まだ戦っていないんですよ。相手の布陣を想定し、彼我の力関係を比較し、そのうえで対策と布陣を構築する。
たしかに、前段階での戦い方のだらしなさ・無策は、はっきり言って「いまからでも監督替えて」でした。
しかし、ここに来て、明らかに方針が(おそくはなったけど)固まったようです。
だとしたら、少なくともグループリーグ終了までは、その戦い方や布陣を含めて、彼らを応援するべきです。なぜなら、彼らは私たちであるから。
どういう戦い方をするのであれ、彼らは私を含めて、いままでやってきた日本全体のサッカーのひとつの結節点なのです。「超攻撃的な華麗なパスサッカー」は、岡田監督の理想でしょう。多くのサッカー解説者やサッカー専門家にとっても、やってみたい戦い方であり、そういうチームを率いてみたいことでしょう。
サポーターにとっても、自分たちの代表が見ていて楽しく、なおかつ美しいゲームをしてくれたほうが良いに決まっています。
でも、それはあくまで「理想」。いまの日本の戦い方の、最大値は、そうではないのです。日本のサッカーのレベルは、決して高くはないのですから。
勝つために戦う。グループリーグを勝ち抜かなければ、べすと4はありません。
まずは現実と力一杯戦ってください。日本のサッカーの実力の最大値を出して、最後は立ち上げれなくなるまで力を出し切ってください。
私は、そういう代表を応援します。

結果については声を大にして意見を
その結果としての突破なのか、敗退なのかは、まさしく「神のみぞ知る」です。私も、精根尽き果てるまで戦う姿には感動すると思います。
ただし、結果については別問題。もしグループリーグ敗退なんてなったら、「感動をありがとう」なんて、絶対に言いませんよ。
当然でしょう。私はこれまで、日本サッカー協会の主催するゲームを、チケットを買って見てきたのですから。その金を使って、チャーター機まで用意して、結果が出せなかったのなら、みんな大いに意見を言いましょう。
その意見についてですが、文句を言うのと、褒め称えるのと、どのラインに設定するのかは個人で違います。オシムさんは監督就任のとき、前大会の結果に対するマスコミとファンの反応に関して、「みなさんが結果に失望したというのなら、どんな希望を持っていたのか」と言いました。
そう、私は戦い方には不満があったし、選手選考にも不満があったし、監督にもキャプテン(とか称する脳天気野郎)にも不満がありました。でも、代表のゲームはすべて応援しながら見ました。
ただ、希望としては、オーストラリアかクロアチアのどちらかからはなんとか1勝、あとは負けの1勝2敗。ブラジルから1点でも取れれば、というものでした。
したがって、1分2敗は不満。ですから、文句たらたらでした。
何よりも私が頭に来たのは、最終戦。たしかに「まさか」で「億に一つもありえない」ことではありましたが、あの時点では勝つことにより得失点差でグループリーグ突破もあり得たのです。
でも、先制ゴールの後で玉田君は何をしましたか。ゴール後のパフォーマンスを約2分ほど。
私は、あの時点で応援したくなくなりました。でも、リードしている以上、もしかしたらまだもあるのであきらめませんでした。私が諦めて、「この馬鹿野郎」「カネ返せ」になったのは、2対1の時点でした。
みなさん、可能性のある時点までは、諦めてはいけません。応援しましょう。
だめになったら、そこからはブーイング、罵倒の嵐でかまいません。
翌日、冷静になったら、「何がいけないのか」について意見を言いましょう。
でも、現時点では、サポート全開です。

『とくダネ』O氏はなんなんだ
最後にちょっと。前回も根拠のない楽観や希望を吹きまくった、「スポーツ選手だれとでもお友達づきあい」O氏。今回も選手を愛称で呼ぶとか、先週は「だいじょうぶ。三点取るから」という何の根拠もない情報垂れ流しをやっておりました。
まあ、それはいいでしょう。(ほんとはよくないんですよ。ジェイ(うるせぇ黙ってろマリーシア)カビラとあなたとでは番組内での立ち位置が違うんですから)。
気になったのは言葉づかい。現地からの局アナのレポートに対して「で、どーよ、そっちは」とか「しっかり頼むよ、おい」とか。ほとんど居酒屋のノリです。
お願いですから、あんたの個人的なつき合いや趣味と、情報伝達のメディアにおける役割をごっちゃにしないでください。聞き苦しくてなりません。
ま、見なければいいんですがね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック