侍の憂鬱よりスーパーフライ(蝿)

ブルーって……
前にも書いたことがあったかな? 「ブルー」という英語の意味について。
大昔、『マミー・ブルー』という曲が大ヒットしました。日本語の訳は、ズバリ「母の憂鬱」。ということは、サッカー男子日本代表のニックネーム「サムライブルー」って、「侍の憂鬱」じゃん。
しかも、ご丁寧に英語で書いているんですね。それを見た英語圏の人たち、そして英語が分かる各国の人たちは、「ほぉ、日本代表は侍なのか。だけど憂鬱なのか」と思うでしょうね。
たしかに、今夜の試合の結果はわかりませんが、「ここんとこのテストマッチの結果やら内容からすると、憂鬱になるのもしかたないだろう」と、おかしな部分で納得されそうです。
アディダスは、今大会用のユニホームのデザインについて、日本の侍をイメージしたとか言っています。たしか、ここんとこずっとラインで刀っぽいイメージをつけていましたね。
でも、どうしても3本線を入れなきゃならないから、「刀」のラインを強調できないようです。たしか99年のワールドユースと00年のシドニー五輪のユニホームには、脇から胸、横腹にかけて刀のラインが入っていましたよね。で、袖の3本線の印象が薄かったんです。いま、当時の写真を確認して見て、「あ、3本線が入っていたのか」と気がついたぐらいですから。
で、その後はなんだかとってつけた「サムライ」のイメージと、よくわかんない「日の丸」の赤をちょこっと入れたユニホームになっています。やっぱ「3本線」は絶対に強調しなきゃいけないのでしょう。
だからって、今回の「よだれかけ」か「赤フン」のようなデザインはないでしょう。デザイン的にはこの10年で最低。
おまけに、イメージだけでつけた「サムライブルー」。ワールド・ベースボール・クラシックのマネでしょ、どうせ。2009年のWBCのユニホームはミズノ製で、脇から横腹にかけてのラインが、99~00年のサッカーのとよく似ています。だから、ネーミングをパクッてもいいんでしょか。
まあ、いいでしょう、「サムライ」は。でも、「ブルー」はないでしょう、「ブルー」は。
カラーリングも……暗いっ
名前も憂鬱なら、色も憂鬱。あの、暗い青はいただけません。
なんだか、暗い暗い深い海の底。あるいは、冬の日本海から北の海にかけての、どんよりと曇った雪雲の下に広がる海。
まさしく、その色です。
そして、そこに、申し訳程度に入れた赤いよだれかけ、あるいはフンドシ。また、その赤い色も、また暗い。どす黒い静脈血のようです。
どうせなら、情熱や闘魂を表すような明るい紅蓮、またはパッと気分が高揚するような金赤にしてもらいたかったたですね。
もうこうなったら、全試合でサブの白いのにしませんか。やる前から暗くなっちゃっちゃしょうがないから。
1982年のワールドカップで、イタリアが優勝。でも、そのユニホームの評判はイタリア本国では芳しくなかったそうです。なぜなら、ニックネームの「フズーリ」(青)にふさわしくない色だったから。
本来は地中海の青なんですが、当時はフランスの雄鶏のメーカー、そうルコックのものだったのです。そのため、やや明るめとはいえ、言ってみればパステル調のようなソフトな青。
その後、メーカーはイタリアのディアドラに変わりました。90年と94年のユニホームは、たしかに、地中海の青。色は濃いのですが、暗くはない。さすが、ファッションの国イタリアです。勝てなかったけど、美しかった。
で06年はプーマで優勝。今回もプーマです。今回のデザインは、ちょっと「?」ですけど。
ホントにアディダスのデザイナーったら、なに考えてるんだか。ヨハン・クライフならずとも、二本線にして着たいもんですよ。
やっぱり、今後は日本のメーカー、アシックスかミズノにしたらどうなんですか。できないのは、やはり「闇将軍」ブッチーの意向なのでしょうか。
フライ=蝿でいいじゃないか
NHKの大会テーマソング、なかなかいいですね。06年も02年も、いま三つぐらいノリが悪かったけど、今回はいいですよ。
歌っているのは、なんとsuperfly。superは、接頭語としては「超」とか「上」ですが、形容詞としては「極上の」という意味です。flyは動詞では「飛ぶ」「飛行する」で、名詞では「飛行」「野球のフライ」。そして、もうひとつ「蝿」です。
あのメンバー発表の日。岡田監督は言いました。「表現は悪いが、蝿がたかるような」と。
NHKもイキなはからいを……じゃないか。あの時点でたぶんアーティストは決まっていたのでしょうから。
だとしたら、やはりこれも何かの縁。いまからでも遅くない。ニックネーム変更しましょう。
アホなスポーツ新聞は「ハエ・ジャパン」なんて言っていましたが、それでもいい。「蝿たかりニッポン」という日本語でもいい。
でも、もうちょっとオシャレに。「Fly! Japan」なんていうのはどうでしょう。
アーセナルのスポンサーの某航空会社みたいですが、まあいい。
ところで、名古屋の方はジェフ・ゴールドブラム主演の『ザ・フライ』という映画を、「ザ・フリャァ』と呼んでいたというのは本当でしょうか。また、蝿のことを「へゃぁ」あるいは「へゃぁぶんぶ」と呼ぶというのは本当ですか。どうでもいいことなのですが、どうしても気になって……。



 【メール便可 [1eco] 】 S4 Flights 侍魂 【フライト】
ダーツショップ シーホース
3枚1セットです

楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

S4フライト 侍魂【ダーツ】
ダーツショップ SHOP88
※フライトは1セット3枚入りです。当店取扱商品一覧ダーツ、ソフトダーツ、ハードダーツ、ダーツケース、

楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック