Jリーグの注目って?

中村俊は注目に値するか?
三月十三日は、Jリーグ第二節。どこのスポーツニュースも、なんと中立を謳って、公正のはずの「みなさまの」某公共放送まで、「シュンスケ」「シュンスケ」のオンパレードでした。
ま、七年八ヶ月ぶりのJ復帰だから、それなりに注目するべきなんでしょうが、そこまでやるか。
それに、華々しくビッグクラブのレギュラーはってて、それでも日本代表のこともあるから、その椅子を捨ててというわけでもないでしょう。
要するに、居場所がない→試合に出てないとカンが鈍るし、力が衰えてる→その程度の力なのに日本代表の不動のレギュラー→あちこちから「なんで?」の声→日本に帰ってレギュラーになればかっこがつく。
そういう図式もあるんじゃないでしょうか。
では、昨日のゲームの中村俊は、注目に値する選手だったか。
これはもう???……疑問符だらけです。開始早々のスルーパスと、先制点につながったコーナーキックぐらい。
守備では、ところどころ強さを見せましたが、基本的に出ているのかいないのか、存在感ほとんどなし。本人もわかっているようでした。
コンディション云々を言う人もいますが、スペインはシーズン真っ最中。始まったばかりの日本と違います。それなのにコンディションを理由にできるんでしょうか。唯一、理由になるのはコンビネーションの問題だけでしょう。
総体的に、少なくとも昨日は注目するべき選手ではありませんでした。また、今後もどこまで期待できるか、疑問符のつく選手だと思います。
中村俊はどういうプレーヤーか?
注目に値するかどうかというより、中村俊はどういうタイプの選手なのか、考えてみます。
まず、パスがうまい。キラーパスとかいっていた旅人に比べると、受け手が扱いやすい、よいパサーです。
次に、ボールを失わない。預けておくとキープしてくれる。タメができたところで、まわりがサポートしたり、スペースへ飛び込んだりできる。で、そこへ良いパスが出せるというタイプです。
三つめは、フリーキックがうまい。ただし、壁をぶち抜くといったパワー系のシュート、いわゆるキャノンシュートはできません。ゴールに近い位置で、なおかつある程度の角度のあるフリーキックに限られます。だいたい距離ではゴールから20~25メートル、ゴールラインに対して20度から75度でしょう。正面は威力なしです。
つまり、彼はドリブルでディフェンスを切り裂くとか、とてつもない位置や角度から動いている状態で驚くようなシュートを決める選手ではないのです。
往年のペレ、ロベルト・バッジョ、いまでいえばC・ロナウド。つまり「一発で」あるいは「一人で」局面を打開・転換できる選手ではありません。
中村俊のようなタイプは、いまの日本にならゴロゴロいます。注目するのは、久々の日本という話題性以外にはないように思います。
川崎の二人に注目
さて、実は退屈な横浜対湘南のゲームの後に、ワクワクドキドキのゲームがありました。
名古屋対川崎です。ヨーロッパ帰りなら、今夜のニュースで注目すべきはこっちだろうと思ったのが、稲本。
前半で引っ込みましたが、とにかく読みが速くて鋭くて、強くてうまい。
2002年のワールドカップの得点もそうでしたが、彼は詰めたら取れるという間合い、ここに突っ込んだら点になるという空気を素早く読んで、そこへサッと入る勇気があります。
足はそんなに速くないし、ものすごいテクニックがあるわけでもない。
でも、昨日の稲本には「凄味」がありました。ケガの具合が気になりますが、次節以降も注目です。谷口とのコンビネーションもよかったし、中村憲とのコンビも見てみたいでする。
もう一人は、チョン・テセ。ゴール前のフリーキックで、一点めはゆずったけど、「二本目はオレでしょ」と主張。ものすごいパワーのシュートは壁に当たって角度が変わってゴール。
そして、決勝点。トラップが大きくて流れたボールに駆け寄って、軸足をひねって踏み込みながら、シュート。
その前から、押され気味の流れの中で、遠めから何本もシュートを打っていたし、これぞストライカーです。
そのシュートで味方は、勇気が出てきます。シュートを打つ、その背中でチームを引っ張ってました。
決勝点を生んだシュートは、何か特別な技術やキックの精度とかがあったわけではありません。あったのは「点を獲る」という意志です。
チョン・テセに華麗なテクニックや抜群のスピードがあるわけではありません。体が大きいといっても、日本人ストライカーにも同じかもっといい体格をしているのが、ゴロゴロいます。
でも、注目に値するストライカーは、いまのところチョン・テセぐらいしかいません。
とにかく、開幕二連勝の川崎には、この二人がいるというだけで注目です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック