自分が「斉藤さん」にはならないの?

長いことご無沙汰のお詫びを申し上げます。
トヨタヴェルブリッツ強し!strong>
まずは、ラグビーの話題。トップリーグの昨日のゲームでは、なんといってもトヨタの強さが際だっていますね。遠藤がフルバックに入って、さらにすごみをましました。しかも、私のお気に入りの菊谷はサブに残しておいて、神戸製鋼を圧倒。
そもそも、私は神戸製鋼のあのヒゲの御仁の考え方やら、これまでの言動が気に入らないし、その指揮のもとでやってたプレイスタイルも気に入らない。プレイスタイルで言うと、ラックやモールで押し込まれたとき、相手陣内に取り残された連中が「意図的に」緩慢に自陣に戻るのが気になってました。で、ボールが出て展開するとき、そいつらがビミョーにじゃまになる(当人たちは「じゃましてない」と言い張るので)わけです。
これに象徴される「こすい」やり方がいやなんですが、ルールの改定でこうしたことがやりにくくなった…とたんにトップリーグの上位から脱落。ヒゲさんが指揮官に復帰したって、その辺のやり方を根本から変えないと無理でしょうね。
サッカーのマリーシア(ずるがしこさというのは、ラグビー向きではないのですから。
おっと、トヨタのことだった。たしかにサンヨーには負けていますが、ここに来ての充実度から考えると、マイクロソフトカップでは優勝候補二番手かも。一番手は、もちろん東芝ですよ。
>「斉藤さん」の車内づりについて

ドラマの新番組の宣伝が、電車の吊り広告になっていました。不正やマナー違反には黙っていられない、斉藤さんが主人公。
それはいいのですが、その横に並んで吊られているポスターが気になりました。
曰く「車内通話していると、斉藤さんにしかられますよ」って……おかしくないですか。
車内通話はいけないことだとみんなが思っているなら、斉藤さんに叱ってもらうのではなく、自分が言えばいいでしょうに。私は出来るだけ丁寧な口調でご注意申し上げるようにしていますが、たいていみんな見て見ぬ振り。
まあ、「たばこを吸わないで」ではなく、「喫煙スペースで吸ってください」って頼んだだけで刺される時代ですからね。ドラマの中で注意してもらって溜飲下げるしかないしね。
昔、注意したら逆ギレされて、仕方がないから少しきつい言葉で注意し直したら、次の駅に止まったところでその人はそそくさと(ただし毒づきながら)電車をおりました。
それはいいのですが、ある人が私に「よく言ってくれました」と。それはそれでありがたかったけど、なんだかなぁ。つかみ合いになったら、車内の人たちは助けてはくれないんだろうなぁ、きっと。
けっきょく、自己責任で注意するしかないんだろうなぁ。車内吊りを見ながら、そう思ってしまったのでした。
優先席付近では電源を切ることになっているのに、年寄りを前にして座っている上に、メールやってるやつもいるんだもんなぁ。字は読めるけど、意味が分からないのかもしれない。ようするに、言葉で言ってもだめなのかも。
だから、コンサートホールや劇場みたいに、電車のなかは携帯電話の電波が届かないようにしてしまえばいいでしょうに。そうすれば、車内トラブルも減ると思うよ。
そうそう、女性専用車両みたいに、携帯電話専用車両を1両つけて、メールと通話をしたい人はそこで思う存分やってもらえばいいんじゃないだろうか。そうすれば、他の車両はかなりすくだろうし。
つまり、禁煙車と同じ発想。各鉄道会社さん、どうですか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック