犬の映画101の書評とラジオ出演

「WANWAN Movie 101 犬の映画101」を紹介してくださるというので、なんと!私がエフエム世田谷に出演しました。放送日は4月22日、午後4時からの「ペットフリーク大集合」。
パーソナリティーは、武田佳子さん。愛称「よしりん」。
本で取り上げた『惑星「犬」。』で、イタリアングレーハウンドの吹き替えをしていたのだそうです。収録前には、そのお話で盛り上がりました。よしりんさんは、犬も猫も含めて動物が大好きなのだそうで、さらに映画も大好き。私の本の読者としてぴったりというかたなのでした。
次の本は、という話題では、もちろん「犬の映画102」なのですが、今度は「スポーツ映画」を書いてみたいというお話をしたところ、ディレクターの小島さんという方が、スポーツ&映画が大好きなのだそうで。これは、ぜひ企画を実現させなくてはと思いました。
ところで、私は高校の時に地元ローカル放送のディスクジョッキーコンテストに出場。チャンピオンになったという、輝かしい経歴を持っているのですが…やっぱりマイクの前で話すのってキンチョーしますねぇ。気分をほぐすために、収録前によしりんさんが世間話なんかを振ってくれたんですが、「さあ本番」でスイッチ・オンすると、やっぱり堅くなってしまいました。
それと、放送を聴いたら、やっぱり自分の声って思ったのと違う感じがしました。話し方も妙にぎこちないし。
その点、よしりんさんは、やっぱりプロ。本番前の話し方も収録中の話し方も、自然体。声もはきはきしていて、よく通るし。
よーし、次はテレビ出演。できればポチたま。…その前に考えなくちゃならないことが。
実は、もうひとつ、4月25日に発売されたサンデー毎日の著者インタビューに載ったんです。

取材・構成をしてくださった六笠さんも大の犬好き・猫好きなので、こちらも本の取材だけでなく、犬の飼い方とかしつけなどの話で盛り上がりました。お話をしたのは1時間半ぐらい。話題があっちに飛びこっちに脱線したのですが、ほんとによくまとめてくださいました。
こちらは、なんと顔写真が掲載されているのですが、見てびっくり。私はこんなに丸々としていたのかと。去年、この本を書くためにDVDを見ては原稿を書き、書いてはDVDを見て、だったからなぁ。気を許して秋になり、スーツを着ようとしたら、ズボンが…。
よしりんさんのブログにも私の写真が載ったけど、こっちも…。やばいぞ。
画像
そこへもってきて、このイラスト。作者は俯瞰図・鳥瞰図のイラストを描かせたら最高という、黒澤さん。いまの仕事でイラストをお願いしているのですが、その合間に描いてくださったのだそうです。う~ん。丸い。ちょっとだけ加工(タテを10%拡大)したけど、それでも丸い。
というわけで、タテ25%拡大してもウソにならないように、減量します。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック