ジーコ監督の責任とは?

今日の夜、イラン対日本のゲームが行われます。グループ最大のライバルが相手ということで、監督はクラブの強硬な抗議を押し切って、小野を招集しました。海外組として(個人的にはこの呼び方が嫌いです。勝ち組・負け組みたいなステロタイプな分け方に何深いか意味があるのなら別ですが、とりあえずこの問題については別の機会に)高原、中村、稲本、中田浩、さらには手薄なフォワードのために柳澤までメンバーに入れました。
さて、ここで読んでいる方は「中田英寿は?」と思うことでしょう。もちろん、忘れてはいません。でも、私は中田英寿を呼ぶことも使うことも疑問です。
まず、なぜ彼が必要なのか。フィオレンティーナで満足な結果を残せていないし、状態は必ずしも万全ではないようです。だいたい、練習を報じるニュースで「まずまずの状態」「コンディションは心配ないようだ」と言われる程度の選手を起用する必要があるのでしょうか。
しかも、わざわざ4-4-2にしてまで入れるのはなぜ? 
私は、イランの4-4-2の両サイド、マハダビキアやノスラテイに対して、ウイングバックが高い位置にいて対処できる3-5-2でいいではないかと思うのですが。幸い(レッズサポーターは怒るけど)攻撃はそこそこ(最近はたいしたことないので)、守備はもろい(ウラががらがら)の三都主が出場停止で、左のウイングバックには本職の三浦淳宏が入るのですから。
百歩譲って、4-4-2でいいやということで考えてみましょう。右の攻撃的MFが小笠原ではダメな理由は? 小笠原は気が弱いのなら、ボランチの中田浩二がいるのだから、小野のポジションに入れて小野を右の攻撃的MFにすればいいだけのこと。小野は左足も使えるけど、基本的に右足。レフティの中田浩二でいいではないかと思います。カウンター攻撃には、中田浩二の正確なロングパスも有効なはず。
マイボールの機会が少ないから、キープできる中田英寿をというのも?マーク。だったら、高原の1トップの下、1・5列目でくさびに入らせて、戻したボールを前を向いた小野や中村に預けさせればいいでしょう。中村の名前が出たついでに、なんで中村にマハダビキアのケアをさせるのかも疑問。たしか、トルシェの時代にそういう使い方をしていて(3-5-2のウイングバック)、文句を言っていた人だったように思いますよ。監督サンは。
さて、次にそうまでして中田英寿を使う監督は、彼に対して「ピッチ上では思いっきりやってくれ、責任は俺が取る」と言ったそうで。その責任て、どんな責任?
高校野球で考えてみましょう。九回裏守備側1点リードで1アウトランナー3塁。バッターは不動の4番。スクイズさせて大失敗。4番の責任ではなくて監督の責任でしょうね。守備側、バントをさせないために少々コントロールが悪くても球が速いピッチャーに交代。1球目に監督は「スクイズ警戒で高めにはずせ」と指示。暴投で同点に。これも監督の責任でしょうね。いずれも、選手が下手なのは分かり切ったことだし、指示に従っただけなので選手に責任はないでしょう。
とはいえ、しょせんはアマチュア、高校の部活動です。だけど、ワールドカップの予選は、私たちの血税やら入場料収入やらも使って参加しているのです。プロです。私たちサポーターに対して、アカウンタビリティ、つまり説明責任があるのではないでしょうか。
監督の「責任は俺が…」を聞いて、私は今から8年前のある方の言葉を思い出しました。「加茂でフランスに行けなかったら、俺が腹を切ればいいんだろう」。名言ですなぁ。当時の日本サッカー協会会長、長沼さんのお言葉。いやー、ご立派。加茂さんの首は切ったけど、あなたはしばらく腹も切らなきゃ首も切りませんでした。
で、今回は監督に対して協会の会長(私は意地でも「キャプテン」なんて訳のわかんない呼称は使いませんから。そういうなら現場に出なさい、貴方、そう川渕さんですよ)も、全面支持だそうな。
腹を切る覚悟でということなのでしょう。それはそれで立派です。でも、それで何もかもが許されるのでしょうか。その前にやっとくことがあるでしょうに。戦力の比較分析、解析、そして対策。そうしたことをふまえて、「やっぱ3-5-2より4-4-2。小笠原より中田浩二より大黒より中田英寿や高原、柳澤」の説明をしてほしい。
前から思ってましたけど「黄金の中盤」という看板を使いたいためだけに4-4-2にしてるだけなんじゃないのと勘ぐってしまいます。
だいたい、会長や監督が責任を取るとか腹を切るとか言いますが、それはどういう意味? やめればいいの? そりゃ、プライドは傷つくし、辛く哀しく寂しいのは、私のようなシニカルなサポーターも同じ気持ちです。
でもまあ、あなたたちは辞めても解説者の仕事とか、別口の監督の仕事とか、自分の持っているクラブとかありますからね。食いっぱぐれはないでしょう。ニッポン放送の社員は「ライブドアの傘下になったら辞めたい、でもローンもあるし」なんて言っていますが、あなたたちはそういうことはありませんから。辞めたって、痛くもかゆくもないでしょう。それは責任を取るとは言いませんよ。
責任を取るなら、まずその前に説明をきちんとしてください。試合のま・え・にっ! 何も作戦の中身を言えというわけじゃないんです。なぜ、中田英寿を起用するのか。「このゲームで自信を取り戻してもらいたい」ってジーコ監督は言ったそうです。勘弁してください。エキジビションマッチならともかく、公式戦、真剣勝負。日本から身銭切って、スカーフかぶって、足首まで隠して応援しに行く人もいるんですよ。こんなところで調整なんかされたんじゃたまりません。
そういうことが必要な半端な状態なら使わないのが常識でしょう。書いてるうちに頭に来た。ジーコ監督、あなたは非常識だ。
選手は「出ろ」と言われたら、絶対にイヤとは言いません。まして中田英寿クラスの選手。セリエAならベンチに置いちゃうけど、日本代表ではそういうわけにはいきません。万全ではないかもしれないトップクラスの選手を出して(だからこそフィオレンティーナではベンチだったんでしょ)、満足なパフォーマンスができずに、途中交代させたりしたら、そしてそれが元で負けたりしたら…。
「かつてジーコを止めた男」である私は、ゴールキーパーなので、どうしてもマイナス要因を取り上げて、それをつぶしていくという思考回路を持っています。勝ってほしい、そのためにはマイナスになる要素は出来る限り消しておいてほしい。そう思います。
最後に、今日のゲームの私が考えるメンバー。カッコ内は交代要因で☆はリードしているまたは同点で、★は負けているケース。中田英寿は呼んでないものと考えました。
GK…楢崎
DF…中澤・宮本・坪井(★松田)
MF…三浦淳・中田浩(★福西)・加地・中村・小野(☆小笠原)
FW…高原・大黒(☆玉田)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • W杯アジア最終予選 vsイラン

    Excerpt:  2戦目にして、最大のヤマ場とも言われているアウェーのイラン戦がいよいよ今夜に迫ってきました。この試合で勝ち点が取れればW杯に行ける可能性は大きくなるだろうね。万が一、グループ3位になってもプレーオフ.. Weblog: 音の鳴る木@WebryBlog racked: 2005-03-25 15:39