「犬を外で飼わないでほしい」について

犬を外で飼わないでほしい」について
犬は「群れのなかで暮らす社会的動物」。イエイヌは、基本的に「飼い主のそば」で暮らすように作られています。甘やかしたとか、そうしつけたということではなく習性を、人間が作ったからです。外につなぎっぱなしにして、家族と隔離するという行為は、虐待に等しいのです。飛び出てきてかんだのは、たしかに飼い主のしつけが悪いのですが、しつけをしておとなしい犬でも、犬が怖い人には怖いのです。玄関に飛びださないように、フェンスをつけるといった配慮が必要なのです。最後に、「犬は元来、外で暮らしていた」のですが、そのときは人間も外で暮らしていたのです。洞窟で暮らすようになってからは洞窟に、竪穴式住居で暮らしているときは犬も竪穴式住居の中にいたのです。
エアルの飼い主さん。おっしゃるとおりです。問題は犬を飼う人間が、マナーやルールを守らないのが問題なのです。犬を飼いたいという人には、まずルールやマナーを守るしつけが必要なのかもしれないと思っています。最後に宣伝です。こういったことも含めたことを書いた私の本『愛犬の幸せ度がわかる飼い方チェック』もねちょっと見てみてください。 管理人より
2004/10/06 09:54

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック